外食がしやすくなり、一時は若い人を中心にお弁当を利用しない人も多くなっていましたが、最近ではこのお弁当という文化が再認識されるようになりました。
推奨されているのは家で作って詰めたお弁当です。
コンビニエンスストアなどで購入したプラスチック容器と割り箸を使って食べるよりも、資源の無駄遣いが減らせるということや、栄養バランスを確認できるということ、そして食費の節約になるという大きなメリットがあります。
このことからお弁当、ひいては自炊の重要性が高く評価され、書店ではそれに関する本や雑誌も多く見られるようになりました。
手作りのお弁当の中には見栄えするものも多く見られ、見た人同士でのコミュニケーションにも役立つため、お弁当はただの昼ご飯ではないということがわかります。